おでかけ

【箕面】紅葉スポット8選!見頃やライトアップ情報を紹介

大阪市内から約30分で行ける箕面市は、有名な紅葉スポットです。

シーズン中は、毎年多くの観光客が訪れています。

本記事では、有名な「明治の森箕面国定公園」を中心に、紅葉を見ながら食事ができるレストランをご紹介。

箕面の紅葉は、自然な景色との組み合わせやキレイなライトアップが楽しめて、見ごたえ抜群です!

紅葉シーズン&ライトアップ情報

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lai Ken(@ialnek.ptr)がシェアした投稿


【紅葉シーズン】
11月上旬~12月上旬

【ライトアップ情報】
・明治の森箕面国定公園
11月後半の一種間程度、17:00~20:00
滝道に沿ってライトアップされます。

・勝尾寺
11月限定、毎週土日祝、日没~19:30
見頃は、気温の変化により2種間ほど見頃がずれることがあるため、11月下旬頃だと確実に紅葉を眺めることができるでしょう。

そして、箕面のライトアップといったら、やはり有名な「明治の森箕面国定公園」。
公園内にある有名な「箕面の滝」へと続く滝道を、きれいな紅葉のライトアップで彩ります。昼間の雰囲気とはがらりと変わり、幻想的な紅葉を眺めることができますよ。

箕面の紅葉といったら「明治の森箕面国定公園」

 

この投稿をInstagramで見る

 

@photooo_97がシェアした投稿


箕面駅から徒歩5分ほどにある公園。

箕面市の全体面積の3分の2を、この「明治の森箕面国定公園」が占めています。

“森林浴の森100選”に登録された、広大な自然公園です。

アクセスがしやすく、大自然を感じられる場所として人気。

春夏秋冬の季節の自然を楽しむことができるため、オールシーズン観光客に愛されている場所です。

紅葉シーズンになると、1000種近くの種類豊富な植物が色づき、神秘的な光景に。

“一目千本”と呼ばれる、折り重なる木々が視界いっぱいに広がる名所以外にも、手入れが行き届いている花壇などを眺めていると、あっという間に時間が過ぎることでしょう。

箕面市のシンボル「箕面の滝」

 

この投稿をInstagramで見る

 

✽ ゆーいち ✽(@yu__ichi.k)がシェアした投稿


「明治の森箕面国定公園」の敷地内にある滝です。

落差33mもある圧巻の大滝で、“森林浴の森100選”に登録。

滝と紅葉を同時に楽しむことができ、毎年200万人もの観光客が集まります。

箕面公園の紅葉は、燃えたつような真っ赤な紅葉が特徴的。

真っ赤に色づいた紅葉と、迫力ある滝の風景に、魅了されることでしょう。

滝へと続く道のりも、多種多様の色づいた紅葉が広がり、飽きさせません。

滝道は観光客用に整備されている為、お年寄りの方やベビーカーの方も安心して歩くことができます。マイナスイオンをたっぷり浴びながら、絶景の景色を楽しんでください☆

子どもも大人もトリコに!「昆虫館」

 

この投稿をInstagramで見る

 

ern(@thekuroeri)がシェアした投稿


「明治の森箕面国定公園」の敷地内にある昆虫博物館。

公園を入ってすぐの、休憩所や展望台が並ぶ場所に位置しています。

昆虫館は、箕面公園を訪れた際には、ぜひ立ち寄っていただきたいおすすめスポットです。

箕面公園では、3000種を超える昆虫が生息しているとされています。

なんとこちらの昆虫館では、1万点近くの昆虫の標本を展示。

ほかにも、昆虫について学べる“キッズルーム”や“映像シアター”など、子供から大人まで楽しめる企画が盛りだくさんです。

さらに、200匹以上の蝶が飛び交う“放蝶園”も人気。

園内には、多種多様の植物や花が咲き乱れているため、別世界のような空間に。

ミュージアムショップでは、昆虫にまつわる面白いグッズが満載!

旅の良い思い出となるでしょう。

幻想的な風景画のような景色「瀧安寺(りょうあんじ)」

 

この投稿をInstagramで見る

 

箕面山 瀧安寺(@ryuanji_temple)がシェアした投稿


地元住民から“箕面寺”の名で親しまれている、「明治の森箕面国定公園」の敷地内にあるお寺。

箕面の滝への滝道にあり、木々に囲まれています。

弁財天像を安置するために、658年に建立。

修行道場として発展し、日本で最も古い修行地です。

瀧安寺は宝くじ発祥の地として有名で、“幸運を呼ぶお寺”とも呼ばれています。

紅葉の時期になると、紅葉と本堂の組み合わせが見事な風景に。

勝ちダルマとのコントラストが楽しめる「勝尾寺(かつおうじ)」

 

この投稿をInstagramで見る

 

TM(@tm.9729)がシェアした投稿


箕面駅から車で約15分にあるお寺。

朱色に彩られた、幻想的な世界に包まれる本堂が象徴的です。

勝尾寺はダルマが有名で、“勝運の寺”と呼ばれています。

敷地内には四季折々の草花が広がり、春にはしだれ桜、夏にはあじさい祭り、秋は有名な紅葉スポットに。

11月には期間限定のライトアップもおこなわれます。

なんとも和らしい、真っ赤な勝ちダルマと紅葉の組み合わせが楽しめるのはこのお寺だけ。

昼間でも十分優雅な樫木を味わうことができ、寺院と紅葉が映り込む池などを探索してみてはいかがでしょうか。

紅葉を見ながら美味しい食事を「MINOH KAJIKASOU(みのお かじかそう) 」

 

この投稿をInstagramで見る

 

@na_nacafe777がシェアした投稿


箕面駅から徒歩5分ほどにあるイタリアンダイニング。

旅館を改装しての営業となりますが、旅館の雰囲気や佇まいはそのまま受け継ぎ、落ち着いた空間となっています。

山のふもとに位置するこちらのレストランでは、紅葉を眺めながら食事をすることができます。

お座席からでも景色を見渡すことができますが、おすすめは人気のテラス席。

風を感じながら大自然の中で美味しいものを食べる幸せは格別です。

紅葉シーズンには、“紅葉限定ランチメニュー”が登場。

牛タンシチュー・桜えびと季節野菜のペペロンチーニ・濃厚カルボナーラなどの旬で贅沢なメニューが用意されています。

駅からすぐ近くにあるため、箕面公園の行き帰りに利用する方でにぎわっているレストランです。

贅沢なコース料理「一汁二菜うえの(いちじゅうにさいうえの) 」

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sako(@sa777ko)がシェアした投稿


「明治の森箕面国定公園」の敷地内にある料亭。

滝道を進んでいく中、静かに佇んでいます。

こちらも、旅館を改装しての営業で、紅葉を眺めながら食事可能。

ミシュラン大阪で2つ星を獲得し、多くのメディア媒体で取り上げられている名店です。

多種のコースメニューがあり、お食事の進み具合に合わせて料理が出てくるため、できたてを味わうことができます。

揚げたてのてんぷらや、土鍋で炊いた炊き込みご飯をあつあつの状態で召し上がれ。

丁寧に仕上げた絶品料理と、窓から見渡せる絶景を眺めながら、贅沢なひと時を味わえるでしょう。

「西江寺(さいこうじ) 」

 

この投稿をInstagramで見る

 

nojigiku(@nojigiku6625)がシェアした投稿


箕面駅から徒歩5分ほどにあるお寺。

箕面公園に入る手前に位置します。

少し小高い場所にあり、箕面の町が見下ろせる見晴らしの良さがおすすめポイント。

西江寺は、大聖歓喜天(たいしょうかんぎてん)が日本で初めて出現した地として有名です。

大聖歓喜天とは、他のどの神社仏閣でも叶わなかった願いでも叶えてくれるという、最後の砦ともいわれる神様のこと。

この神様を慕って、毎年多くの参拝客が訪れています。

紅葉シーズンになると、境内には鮮やかな色彩をした紅葉が広がる光景が。

寺院の周り一体をモミジが取り囲みます。

箕面公園の敷地外のため、紅葉シーズンもそこまで混雑することなく、おすすめしたい穴場スポット。

11月中旬でも、まだ紅葉が始まっていないこともあるため注意。

11月下旬あたりが見頃です。

紅葉で囲まれた西江寺で、色彩豊かな風景を楽しんでください!

紅葉を見に行くなら箕面で決まり!

紅葉シーズンになると、箕面はたくさんの観光客でにぎわいます。

本物のもみじ葉を一枚一枚丁寧に揚げた、“もみじの天ぷら”を味わえるのも箕面ならではの楽しみの一つ。また、箕面駅構内にある“もみじの足湯”も長旅の前にぜひ。

大切な方との思い出作りに、箕面の紅葉狩りはぴったりです。

自然や歴史に触れられるスポット巡りで、心も体も癒される素敵な旅になるでしょう。

ABOUT ME
駅近ドットコム通信編集部
駅近ドットコム通信編集部
駅近ドットコム通信の編集メンバーが日本各地の駅近情報をお届け。全国の駅近事情を熟知する"駅通"なメンバーがグルメや美容から観光情報まで、駅を中心とした生活情報をご紹介しています!