おでかけ

【子連れ旅行】赤ちゃんから楽しめる大阪のおすすめ観光スポット10選

「子供と楽しい思い出を作りたい」「喜んでくれる場所へ出かけたい」など、さまざまな思いを抱えて旅行を計画している方も多いのではないでしょうか。

ただ、子供が一緒となると行ける場所も限られ、トイレや着替えの心配を考えると、どこにすべきか多くの方が悩んでいるかと思います。そこで今回は、子連れ旅行におすすめしたい大阪の観光スポットを紹介します。

同い年くらい子たちが集まる場所なら、遠慮なくのびのびと遊べます。大阪にある各所のサービス・施設も充実していますので、ぜひ参考にしてみてください。

大阪・子連れ旅行向け観光地1:100年以上の歴史を持つ「天王寺動物園」

 

この投稿をInstagramで見る

 

天王寺動物園 Osaka Tennoji Zoo(@osaka_tennoji_zoo)がシェアした投稿


天王寺動物園(てんのうじどうぶつえん)は、1915年1月1日に開園した100年以上の歴史をもつ動物園です。総面積11ha(ヘクタール)の広大な敷地には、200種900以上の動物が飼育されています。

生態系に合わせた自然環境を整え、動物本来の姿を観賞できるよう工夫しているのが特徴です。小・中学生の入園料は200円、未就学児は無料リーズナブルなので旅費を抑えながら贅沢な時間を過ごせるでしょう。

大阪・子連れ旅行向け観光地2:スワンボートや空中観察路が楽しめる「万博記念公園」

 

この投稿をInstagramで見る

 

Emi(@em_ka0504)がシェアした投稿


大阪万博の象徴ともいえる「太陽の塔」がそびえ立つ自然豊かな公園です。四季折々の草花を観賞できるほか、子供向けのアクティブ施設を完備しています。

公園内にある広大敷地を持つ池では、スワンボートの貸出を実施中。赤ちゃんから大人まで、気軽に楽しめます。少し大きくなれば、空中観察路がおすすめです。森の生き物を観察しながら自然と触れ合えます。

大阪・子連れ旅行向け観光地3:世界最大級の水族館「海遊館」

 

この投稿をInstagramで見る

 

海遊館/KAIYUKAN OFFICIAL(@kaiyukan_japan)がシェアした投稿


海遊館は、世界最大級と名高い大阪の有名な水族館です。カワウソやカピバラ、ペンギンといった動物たちの食事風景を見学できます。さらに巨大な水槽には、大迫力のジンベイザメが泳いでいます。

実際にサメ・エイといった魚たちと触れ合える「体感ゾーン」も完備しているため、魚をなかなか触る機会がない子供にとてもおすすめです。ニンテンドーDSを使った新感覚コースもあります。

大阪・子連れ旅行向け観光地4:子供ための体験型施設「キッズプラザ大阪」

 

この投稿をInstagramで見る

 

SoJapon 🇯🇵🇫🇷➖Camille(@sojapon)がシェアした投稿


キッズプラザ大阪は、子供ために作られた体験型アミューズメントです。主な対象年齢は「幼児から小学生くらい」と幅広く、さまざまな体験を通して子供の可能性・視野を広げられます。

館内は全部で4フロア(2階を除く全5階)に分かれており、それぞれにテーマがあります。1階「どんなもん階」では、レールを転がるボールの仕組みを観察できます。ベビーカー貸出やインフォメーションもあるメイン広場です。

3階「つくろう階」では、物を作る楽しさ・喜びを体験できます。4階「あそぼう階」になうと、身近な生活をこどもサイズ楽しめます。0歳から遊べるスペースも確保してあるので、兄弟で年齢が異なる際もみんながたのしく満喫できるでしょう。

大阪・子連れ旅行向け観光地5:子連れOnly「レゴランド・ディスカバリー・センター大阪」

 

この投稿をInstagramで見る

 

レゴランド・ディスカバリー・センター大阪(@ldcosaka)がシェアした投稿


天保山マーケットプレース内にある「レゴ(LEGO)」の体験型施設です。授乳室の完備・ベビーカーの持ち込みOKと子供向けの配慮も充実しています。

また子+大人でしか入場できないのもポイント。4Dシネマやキングダムクエストなど、大人も一緒に楽しめる魅力的なアトラクションも豊富です。100万個のレゴブロックを使ったジオラマでは、大阪の街並みを再現しています。

知っている場所を見つけながら、ちょっとした巨人気分を味わえるのがポイント。日が暮れると町明かりが点灯するリアリティ溢れたジオラマなので、大人もきっと虜になるはずです。

大阪・子連れ旅行向け観光地6:水陸両用車の迫力体験「大阪ダックツアー」

 

この投稿をInstagramで見る

 

鍛冶屋のよしべい(@yakihamaguri54)がシェアした投稿


大阪ダックツアーは、通称かっぱバスと呼ばれる水陸両用車を使って大阪の名所を巡ります。ちなみに「ダック」とは「水陸両用車の総称」であり、あひるを意味しているわけではないそうです。

ツアーは天満橋「川の駅はちけんや」から始まり、大阪市公館、藤田美術館、太閤園などを回って「桜ノ宮公園」に到着。川に入る前は船長へとハンドルが渡り、大迫力のスプラッシュインを決めます。「スプラッシュイン!」と叫んだ瞬間に、突入していくので子供と一緒に過去一番の大きな声で楽しめるのではないでしょうか。

大阪・子連れ旅行向け観光地7:本場のお笑いを間近で楽しめる!「なんばグランド花月」

 

この投稿をInstagramで見る

 

もりやすバンバンビガロ(@moriyasubanbanbigaro)がシェアした投稿


なんばグランド花月では若手から師匠までが連日公演。TVでは体験できない大阪本場のお笑いをさまざまな角度から楽しめます。

若手芸人さんが入口でお出迎えをしてくれるのも魅力のひとつ。劇場内は飲食持ち込みOKなので、子供の好きなおやつや食事をもって見に行くのも楽しみの一つとなるでしょう。

ただチケットは当日購入できないものが多いので、事前に予約しておくのがおすすめです。通常チケットだけではなく、ユニークなお弁当付きチケットも販売しています。

大阪・子連れ旅行向け観光地8:オリジナルカップ麺が作れる「カップヌードルミュージアム」

 

この投稿をInstagramで見る

 

ⓎⓊⓀⒾㅤ(@yuuu_x0x0mi_1219)がシェアした投稿


カップヌードルミュージアムでは、発明の経緯やエピソードを楽しく学べます。何気なく食べていたカップ麺に「どんな誕生話があったのか」、子供と一緒になって楽しめるのが魅力です。

さらに館内では、自分だけのオリジナルカップ麺を作成できます。予約要らずで1個300円。外箱にはマジックで好きなイラストを描き込み、中身は決まった材料から好きな物をチョイスします。完成作品は全部で5,460通りもあるので、家族で作ってみんなで食べ比べするのもおすすめです。

大阪・子連れ旅行向け観光地9:ログハウス・コテージ宿泊も可能「ワールド牧場」

 

この投稿をInstagramで見る

 

Futaba(@futaba12sakura9dolphin)がシェアした投稿


ワールド牧場では、羊や馬、子豚のほかにもイルカやクジラとのふれあいが楽しめます。「イルカタッチ」「クジラタッチ」の他にも、インストラクター体験、乗馬など、動物たちのすぐ傍まで近づけるのが特徴です。

さらに敷地内ではBBQのサービスも提供中。お肉や野菜のセットを販売しているので、手ぶらでも十分に楽しめます。

隣接された「ワールドヴィレッジ」では、ログハウス・コテージの宿泊予約も受付中。最大定員25名まで宿泊可能。友人家族や身内仲間と一緒に楽しく利用できます。お風呂・トイレ・冷暖房・冷蔵庫と設備も整っているので、快適な一夜を過ごせるでしょう。

大阪・子連れ旅行向け観光地10:定番テーマパーク「ユニバーサルスタジオジャパン」

 

この投稿をInstagramで見る

 

T’s(@uni_koon)がシェアした投稿


最後に紹介するのは、大阪の定番テーマパーク「ニバーサルスタジオジャパン」です。オムツ交換台・ポット・電子レンジ・テーブル付きチェア・授乳室・ベビーカー貸出など、小さな子供から大人まで1日中安心して楽しめるサービスを完備しています。

待ち時間を削減できる「よやくのり」「ダイレクトイン」など、負担を軽減するシステムも複数導入。出し入れ自由のロッカーも用意しているので、手荷物を最小限にパーク内を楽しめます。

大阪は子連れ旅行に優しいサービス・施設が豊富!

大阪では子連れ旅行でも、のびのびと遊べる観光地がたくさんあります。ベビーカーの貸出し・授乳室・飲食持ち込みなど、子供がいると助かるサービスも豊富なので、安心して観光を楽しめるでしょう。1、2日だけでは足りないほど、大阪の観光地は充実していますので、お気に入りを絞りながら素敵な計画を練ってみて下さい。

ABOUT ME
駅近ドットコム通信編集部
駅近ドットコム通信編集部
駅近ドットコム通信の編集メンバーが日本各地の駅近情報をお届け。全国の駅近事情を熟知する"駅通"なメンバーがグルメや美容から観光情報まで、駅を中心とした生活情報をご紹介しています!