おでかけ

スヌーピー好き必見!グランベリーパークスヌーピーミュージアム

町田市のグランベリーパークには「スヌーピーミュージアム」が併設されています。

かつて東京・六本木にあった「スヌーピーミュージアム」を、自然溢れるグランベリーパークへ移転リニューアル。

スヌーピーが登場する漫画「ピーナッツ」の貴重な資料や、大きなスヌーピーの人形など、スヌーピーファンにはたまらない空間です。

作品の世界観をモチーフにしたメニューが楽しめるカフェや、限定グッズを多数取り揃えたストアも必見!

大人も子供も楽しめる「スヌーピーミュージアム」の見どころを紹介していきます。

「ピーナッツ」の貴重な資料や世界初の巨大スヌーピーは必見!2階・3階の展示エリア

 

この投稿をInstagramで見る

 

ぽんず☺︎(@ponponzu14)がシェアした投稿

「スヌーピーミュージアム」はかつて東京・六本木にあり、今回の移転で約2倍の大きさにリニューアルしました。

そんな広大なミュージアムには、スヌーピーファンにはたまらない展示が盛りだくさん!

3階建てのミュージアムは3階→2階→1階の順番で巡っていき、展示物は3階と2階にあります。

この項目では順路に沿って3階と2階の見どころをピックアップ!

3階にはプロジェクションマッピングで可愛いキャラクター達が出迎える「オープニングシアター」と、作者チャールズ・シュルツ氏の歴史を辿る「チャールズ・シュルツ・ギャラリー」がメイン。

ギャラリーではチャールズ・シュルツ氏の歴史や漫画を描いた時の背景などが展示されています。

ギャラリーに設置されているモニターではキャラクターを描く映像が流れていて、スピーディーなペン捌きでキャラクターを生み出す場面は必見です。

他にも「ピーナッツ」の主要キャラクターを紹介する壁画とビンテージグッズが並ぶ「ピーナッツ・ギャング・ギャラリー」や、屋外から周辺の自然を見渡す「スヌーピー・テラス」など、見逃せないコンテンツが盛りだくさん!

2階はいろんなポーズをとったスヌーピー人形が並ぶ「スヌーピー・ルーム」と、ウッドストックの黄色をモチーフにした「ウッドストック・ルーム」があります。

「スヌーピー・ルーム」には様々なポーズをとったスヌーピーの人形が並び、その中でも一際目立つのが全長8メートルの巨大スヌーピー!

展示されるのは世界でここだけの巨大スヌーピーは、様々な角度から眺めると楽しいですよ。

「ウッドストック・ルーム」はスヌーピーの仲間・ウッドストックを思わせる黄色を基調とし、椅子に座ってくつろげる空間となっています。

世界各国のスヌーピーに関する本が揃っているので、是非手に取って読んでみてください。

また2階には企画展エリアがあり、半年に1回展示物が入れ替わります。

アメリカ・シュルツ美術館から借りた貴重な原画が展示されるので、こちらも必見です。

展示を見終わった後は1階に降りるようになっていますが、ミュージアムの外も見逃せません!

グランベリーパーク内や周辺の鶴間公園など7か所にスヌーピーの彫像が展示されています。

それぞれ異なるポーズをとっているので、ショッピングを楽しみながらスヌーピーを探してみてください。

かわいい限定グッズは自分用にもお土産用にもぴったり!「ブラウンズストア」

 

この投稿をInstagramで見る

 

みよよん(@miyoyon10)がシェアした投稿

「スヌーピーミュージアム」で外せないのがミュージアムオリジナルの限定グッズ。

1階にある「ブラウンズストア」ではミュージアム特別仕様のぬいぐるみや、パッケージが可愛らしいお菓子など、ここでしか入手できないグッズが多数揃っています。

オープンを記念して作られたスヌーピーとウッドストックのぬいぐるみは、赤いパーカーを着た可愛らしい作りになっていて、記念品としてもぴったりです。

限定パッケージの「森永ミルクキャラメル」は、初期のスヌーピーとチャーリー・ブラウンのイラストがレトロさを演出。

他にもミルクココアなど森永とコラボした商品が多数あり、どれもパッケージが可愛らしいのでお土産にも向いています。

他にもスヌーピーがモチーフのトミカや初期のイラストを使ったクッションなど、スヌーピーファンが喜ぶグッズが勢ぞろい!

ストアにはワークショップエリアもあり、ぬいぐるみ作りやキャンドル作り、トートバッグ作りなど、世界に一つだけのスヌーピーグッズを作る体験ができます。

いずれも定員が設けられているので、早めの予約が確実です。

ワークショップの日程や内容は、随時公式HPで更新されているので要チェック!

なおストアやワークショップのみの利用はできないので、展示を楽しんでから行きましょう。

「ピーナッツ」の世界観を再現したメニュー!「PEANUTS Cafe スヌーピーミュージアム」

 

この投稿をInstagramで見る

 

@graaaaainがシェアした投稿

ミュージアムに隣接するパークライフ棟には「PEANUTS Cafe スヌーピーミュージアム」が営業しています。

このカフェはスヌーピーの仲間たちが行うポットランチ(持ち寄りピクニック)をイメージしたメニューが人気。

「ピクニックバスケットプレート」はミートボールかローストチキンの2種類からメインディッシュが選べる、2人用のシェアメニューです。

メニュー名の通りバスケットで提供されるので、まるで「ピーナッツ」のキャラクターたちとピクニックをしているような気分が味わえます。

「ピーナッツ・ギャングピクニックボックス」は、店内で人気のワッフルチキンやコーンドックなどを専用ボックスに詰め合わせたテイクアウトメニュー。

限定のレジャーシートもついてくるので、近隣の公園で自然を感じながら食べるのにぴったりです。

またミュージアムにはない、カフェだけの限定グッズも多数用意されています。

カフェで使用されているテーブルウェアを始め、アウトドアにぴったりのタンブラーやカーゴバッグ、オフィスや学校などで使えるトートバッグやシャツなどファン必見のラインナップです。

こちらもカフェのみの利用はできないので、展示物を楽しんだ後に行きましょう。

入館料や入館開始時間は要チェック!前売券でお得に楽しめるチャンス

入館料は前売券と当日券があり、前売券での入館は当日券より200円お得になります。

前売券はイープラスから来館日の前日20時までに購入する形式となっているので、忘れずに購入しましょう。

当日券は前売券の販売状況に余裕がある場合のみ購入できるので、狙っている予定があれば前売券の購入が確実です。

また「スヌーピーミュージアム」は自由に入館する形式ではなく、1時間ごとの入館開始時間が設けられています。

月曜日~木曜日の平日は7枠、金曜日~日曜日と休日は8枠設けられていて、入館開始直後よりも少し過ぎたくらいの時間がゆっくり入館しやすいです。

前売券一般・大学生 1,800円

中学・高校生 800円

4歳~小学生 400円

当日券一般・大学生 2,000円

中学・高校生 1,000円

4歳~小学生 600円

入館開始時間10:00/11:00/12:00/13:00/14:00/15:00/16:00/18:00(金曜日~日曜日・休日のみ)

※前売券は前月の1日から発売開始

※前売券をコンビニ店頭(セブンイレブン・ファミリーマート)で支払う場合は1件あたり220円の手数料が必要

※当日券は前売券の販売状況に余裕があるときに限り各回の30分前に販売開始

※4歳未満は無料

※障がい者手帳提示で前売券・当日券より半額

スヌーピーが盛りだくさんのミュージアムは老若男女問わず楽しめる!

「スヌーピーミュージアム」の見どころを紹介していきました。

1階から3階までスヌーピーとその仲間たちに囲まれファンの方はもちろん、そうでない方も楽しめるミュージアムです。

作品をじっくり眺めるために広い空間となっているので、初めて博物館に来る子供にも向いています。

またミュージアムだけでなくグランベリーパーク内にも、スヌーピーの彫像やアイススケートなどがあるのでそちらも必見です。

是非グランベリーパークでの買い物と一緒に「スヌーピーミュージアム」を楽しんでくださいね。

ABOUT ME
駅近ドットコム通信編集部
駅近ドットコム通信編集部
駅近ドットコム通信の編集メンバーが日本各地の駅近情報をお届け。全国の駅近事情を熟知する"駅通"なメンバーがグルメや美容から観光情報まで、駅を中心とした生活情報をご紹介しています!