おでかけ

【日帰り旅行】福岡から電車でもアクセスしやすいおすすめスポット6選

loading

丸一日の休みができたら、福岡から日帰り旅行はいかがでしょうか? 福岡には見どころがギュッと詰まっているので、日帰りでも十分に、その魅力を満喫することができるはずです。

今回は、福岡から日帰りで楽しめる観光スポットをご紹介していきます。電車やバスでアクセスしやすい場所に限定してご紹介するので、車や免許がなくても安心してくださいね。

おすすめの観光スポットはもちろん、おいしいグルメ情報もご紹介します。ぜひ日帰り旅の参考にしてくださいね。

日本の三大港としても数えられた歴史ある港「門司港レトロ」

 

この投稿をInstagramで見る

 

yukorin(@1101yukorin)がシェアした投稿

明治から昭和初期にかけて栄えた門司は、近代日本を支えた港町として有名です。横浜港、神戸港と並んで日本の三大港としても数えられた門司港は、国際貿易の拠点として非常に栄えていました。

そんな門司港のかつての栄光を、よみがえらせるかのように1995年に生まれたのが「門司港レトロ」です。大正当時から残る建物を中心に、街全体がレトロな雰囲気で統一されています。

赤レンガでできた建物がいくつも並ぶ門司港レトロは、入口の門司港駅舎も見どころの一つ。大正3年に建てられたそのままの姿に復元されています。東京駅舎と並んで日本でたった2つしかない、国の重要文化財に指定されている現役駅舎です。

夜にはライトアップされ、昼間とは全く異なるロマンチックな景色が広がります。ライトアップされた旧大阪商船ビルを一望できる、海峡プラザ前のデッキがおすすめの夜景スポットです。

門司港レトロの観光は、駅で電車を降りた瞬間からすでに始まるので、アクセス抜群です。海峡プラザにはお土産屋さんやグルメ店もたくさんあるので、ゆっくりとレトロな街並みを楽しみましょう。

駅近の便利な場所にある絶品焼きカレーのお店「伽哩本舗 門司港レトロ店」

 

この投稿をInstagramで見る

 

k2yoshida(@k2yoshida2652)がシェアした投稿

門司港駅前のビル2階にある「伽哩本舗 門司港レトロ店」は、焼きカレーブームの火付け役ともいえる、全国的にも有名な焼きカレー専門店です。

シーフードカレーやビーフカレーなど、常時10種類以上のカレーが揃い、辛さやサイズを好みでチョイスできます。門司港らしい、ふぐのカレーも選べますよ。

特注のオーブンを使って300℃で焼き上げる焼きカレーは、テーブルに運ばれてもグツグツいっていて、立ち上るカレーの香りが堪りません。

もちろん火傷には注意が必要ですが、ぜひ熱々をいただきましょう。

博多から10分で船旅も楽しめる「のこのしまアイランドパーク」

 

この投稿をInstagramで見る

 

けんけん(@ken.ken014)がシェアした投稿

博多湾の中央に浮かぶ能古島には、約15平方メートルほどの自然公園「のこのしまアイランドパーク」があります。

天神や博多からほど近いのに、フェリーに乗っていくという旅の雰囲気もしっかり楽しめます。1年を通して様々な花が楽しめる、自然いっぱいのおすすめ日帰りスポットです。

博多からバスで40分ほどの場所にある姪浜渡船場から、フェリーで10分ほどで到着します。たった10分の船旅なので、甲板に出て潮風を感じると、より旅行気分が味わえます。

フェリーを降りたらバスに乗り、13分で「のこのしまアイランドパーク」に到着です。園内はいたるところから海が見え、春には菜の花、秋にはコスモスなど、四季折々の花畑が迎えてくれます。

駄菓子や懐かしいおもちゃを購入できる「思い出や」もあります。ここでは竹馬の貸し出しも行っているので、思いっきり童心に返って遊ぶのも楽しそうですね。

「のこのしまアイランドパーク」では、ゴルフとゲートボールを掛け合わせたようなオリジナルのスポーツ、「のこのこボール」も楽しめます。海に囲まれた大自然の中でプレーすると、気分爽快できっと盛り上がりますよ。

園内には他にも、小さな動物園やアスレチックもあるので、1日中遊んでも飽きずに楽しめるはず。1日遊べば、しっかりリフレッシュできるでしょう。

能古渡船場に併設された小さなカフェ「のこバーガー」

 

この投稿をInstagramで見る

 

Juri Fujishiro/@rankepics(@juri.ranke)がシェアした投稿

能古島は小さな島なので、飲食店はあまり多くありません。そんな中でも、能古渡船場に併設された「のこバーガー」は、人気のカフェです。

コーヒーや能古島サイダーなどのドリンク類はもちろん、シフォンケーキまで用意されています。

しかし何と言っても一番人気は、店名にもなっている「のこバーガー」。九州の和牛を使った分厚くジューシーなハンバーグが、レタスやトマト、玉ねぎと共にバンズに挟まれています。

肉の旨味をしっかりと感じられるのこバーガーは、しっかりとした作りで大満足できる人気のご当地バーガーです。

のこバーガーは単品で450円でも注文できますが、ぜひ600円の甘夏ジュースとのセットで楽しみましょう。

関門海峡に面した小倉のシンボル「小倉城」

 

この投稿をInstagramで見る

 

小倉城 公式アカウント(@kokura_castle)がシェアした投稿

小倉は、九州と本州を結ぶ玄関口として栄え、「九州全ての道は小倉に通じる」と言われ大変賑わった城下町です。

そんな小倉にそびえたつ小倉城は、城下町全体を作り上げる壮大な都市計画の中で、細川忠興によって7年の歳月をかけて完成しました。

1837年に小倉城は火災で全焼しているので、現在の小倉城は1959年に再建された城ですが、素朴でいながら豪快な風情にあふれた城として人気です。

小倉城の最寄り駅は、福岡から電車で1時間15分ほどのJR小倉駅。小倉駅から徒歩15分ほど歩けば小倉城に到着です。

併設された小倉城庭園には様々な植物が植えられており、落ち着いた大人の散策スポットとしても人気です。特に春の桜のシーズンの美しさは見事なので、タイミングが合えばぜひ訪れてみてくださいね。

小倉城からすぐの老舗パン屋「シロヤベーカリー 小倉店」

 

この投稿をInstagramで見る

 

福岡グルメ モッチピー ˙ᴥ˙(@mocchi_p)がシェアした投稿

小倉駅から徒歩3分、小倉城からでも600mほどの場所にある「シロヤベーカリー 小倉店」は、学生から主婦、OLなど幅広いファンを持つ老舗のパン屋です。

人気は1個40円の「オムレット」。しっかり甘めの生クリームがフワフワのスポンジ生地に挟まった、手の平サイズのお菓子です。小さ目のサイズなので、10個単位でまとめ買いしていく常連客が多いんですよ。

小倉城の散策でしっかり歩いたら、懐かしい味わいのオムレットで疲れを癒すのも良いですね。

福岡からなら日帰り旅行も十分楽しめる!

福岡から、日帰り旅行で行ける観光スポットを、グルメスポットも一緒にご紹介しました。

福岡はアクセスしやすい場所に名所がたくさんあるので、1日しか休みがない!という人でも十分に旅行気分を味わえます。

おいしいものもたくさんあるので、ぜひ福岡からの日帰り旅行を満喫して、リフレッシュしてくださいね。

ABOUT ME
駅近ドットコム通信編集部
駅近ドットコム通信編集部
駅近ドットコム通信の編集メンバーが日本各地の駅近情報をお届け。全国の駅近事情を熟知する"駅通"なメンバーがグルメや美容から観光情報まで、駅を中心とした生活情報をご紹介しています!