ビューティー

家庭用脱毛器の人気のおすすめ比較ランキング!効果・選び方を解説

脱毛器の人気のおすすめランキング!選び方のポイントを紹介

家庭用脱毛器は自宅で簡単に脱毛ができるため、最近では男女ともに人気の家電です。

しかし各メーカーでさまざまな脱毛器が販売されている中、どれが自分に合った脱毛器なのか選ぶのが大変です。

「興味はあるけど、よくわからない」
「何を基準に脱毛器を選べばいいのか」
「おすすめの脱毛器が知りたい」

今回はそんな人へ、家庭用脱毛器の選び方やおすすめの脱毛器を紹介します。

家庭用脱毛器の種類を解説

家庭用脱毛器は、主に「光美容器(フラッシュ脱毛・レーザー脱毛)」と「脱毛器(電動毛抜き)」の二つに分類することが可能です。

家庭用脱毛器として一般的に知られているのは光を照射して脱毛効果を得る「光美容器」ですが、ローラーでムダ毛を抜くタイプの「脱毛器」もあります。

それぞれの特徴を以下の表にまとめました。

脱毛器種類 脱毛方法 脱毛効果 痛み
光美容器 フラッシュ・レーザーによる脱毛 継続的な効果が期待できる ほぼ痛みを感じない
脱毛器 ローラーでムダ毛を抜く 一時的に効果が得られる 少し痛い

では、それぞれどのような違いがあるのか詳しく解説していきます。

光美容器(フラッシュ脱毛・レーザー脱毛)

「光美容器」は家庭用脱毛器として一般的であるレーザーやフラッシュによる光を照射し脱毛効果を得るものです。

そんな光美容器のポイントを以下にまとめました。

  • 製品により顔・VIO脱毛も可能
  • 美白効果が期待できる
  • 痛みが少ない

光美容器自体の値段は少し高価ですが、脱毛サロン・医療脱毛で受ける脱毛に近い効果があります。

痛みも比較的少なく、VIO・顔脱毛にも使用できるものもあり自宅で簡単にムダ毛のケアが可能です。

光を照射することで、美白効果が期待できるのも嬉しいポイント。

一台持っておくと、とても便利なので、家族や友達とシェアして使うのもおすすめですよ。

脱毛器(電動毛抜き)

「脱毛器(電動毛抜き)」は光を照射するのではなく、物理的にローラーに毛を挟み込んで毛を抜く方式です。

  • 広範囲の毛を一度に抜ける
  • 毛が細くなる
  • 自己処理が楽になる

肌の上を滑らせることで簡単に広範囲の毛を抜くことができます。

シェービングで処理するのとは異なり、生えてくるまでの期間が長くなるので処理の頻度も少なく済むのがメリット。

少し痛みを感じる傾向がありますが、抜いた後に新しく生えてくる毛が細くなるため、毛質を変えることが可能です。

お値段も光美容器よりもお手頃なので、比較的手に入れやすいと言えます。

脱毛器の選び方!比較しながら5つのポイントを紹介

脱毛器の選び方!比較しながら3つのポイントを紹介
手軽に自宅で脱毛ができる家庭用脱毛器は、ネットや家電量販店でも販売されており、種類が豊富です。

そして家庭用脱毛器はエステやクリニックと違い安い料金で脱毛ができますが、用途に合わせて選ばないと後悔する原因になります。

そこで家庭用脱毛器を選ぶ時に大切なポイントを5つ解説します。

効果が変わる脱毛方式は要チェック

効果が変わる脱毛方法は要チェック

先ほど説明した光美容器の中には、主に「フラッシュ式(IPL光)」と「レーザー式」の2種類があります。

それぞれの特徴・痛み・効果などを以下の表にまとめました。

脱毛方法 フラッシュ(光) レーザー
特徴 エステと同じ方式 クリニックと同じ方式
痛み 痛みは少ない 部位によって痛みあり
効果 効果を感じにくい 抑毛効果は高い
照射範囲 広い範囲もOK ピンポイント向き

ほとんどがフラッシュ方式で、レーザー方式を採用しているのは現在トリアしかありません。

違いとしてはフラッシュ方式は光を当てて脱毛をするため痛みが少なくレーザー方式はフラッシュ方式よりもパワーが強いため、より高い脱毛効果が期待できます。

家庭用脱毛器の種類は、痛みや効果、脱毛したい部位に合わせて選ぶと良いでしょう。

では、それぞれ詳しく解説していきます。

フラッシュ方式:IPL方式

光美容器のほとんどがフラッシュ方式を採用しています。

フラッシュ方式は、毛のメラニン色素に光を当て毛根にダメージを与えて脱毛を行う方式です。

レーザー方式よりも照射範囲が広いので、少ない照射で効率的に脱毛をすることができます。

痛みも少ないため、安心してセルフケアが可能なのが魅力。

様々なメーカーがフラッシュ方式の光美容器を販売しているので、それぞれの特徴を理解して自分に合ったものを見つけましょう。

レーザー方式

レーザー脱毛は比較的照射面積が狭いため、重点的に部分脱毛をしたい人におすすめです。

毛のメラニン色素に反応するため、ゴムではじかれたような痛みを伴うことがあります。

しかし、その分フラッシュ方式よりもピンポイントで高い効果が得られるのがレーザー方式のメリットと言えます。

レーザー方式を取り入れている光美容器は少なく、現在は「トリア」が代表的な脱毛器となっています。

「トリア」については後ほど詳しく紹介するので、気になる人はチェックして下さいね。

照射口の大きさや照射時間をチェック

照射口の大きさや照射時間をチェック
脱毛器によって照射口の大きさと照射速度が異なります

そのため同じ部位を脱毛しても、照射完了までにかかる時間が違います。

脱毛器別に照射口の大きさとワキの照射時間を比べると一目瞭然です。

脱毛器 脱毛ラボ
ホームエディション
ケノン レイボーテR
フラッシュダブルプラス
パーソナルレーザー
脱毛器4x
エピレタ ヒカリエピプロ 2PS CRYSTAL
照射口 脱毛ラボ ケノン レイボーテ トリア エピレタ ヒカリエピ 2ps
照射口の大きさ 4.8㎠ 9.25㎠
(エクストララージ)
9.24㎠ 1㎠ 2.7㎠ 7㎠ 7㎠
照射時間の目安
(ワキ)
約10秒 約20秒 約6秒 約8~10分 約20秒 約20秒 約30秒

照射口が狭い時間がかかり、照射漏れの原因にもなるので、脱毛器を選ぶ際には留意しておきましょう。

照射にかかる時間は脱毛器のレベルによって変わるため、あくまで目安として参考にしてください。

 VIO・顔に使用できるのかチェック

脱毛できる範囲をチェック

脱毛器によって、対応している脱毛範囲が違います。

特に脱毛範囲外になっていることが多い部位は以下の通りです。

脱毛範囲外の可能性がある部位
  • VIO(特にI・Oライン)
  • 顔(口より上の部位)
  • 男性

VIOはデリケートな部位のため、火傷防止の理由で脱毛範囲外であることが多いです。

また顔も目に近い部位は照射不可の場合があります。

脱毛器によっては男性のヒゲのような濃い毛は、強く反応して火傷の原因になってしまう可能性があるため、脱毛できない機種もあります。

脱毛器を選ぶ際は、どの部位を脱毛したいのか目的を決めてから選びましょう。

効果がしっかり得られるかどうか

せっかく購入しても脱毛効果が得られなけれが意味がありません。

そこで、効果的な脱毛器を選ぶためにチェックすべき点を3つ紹介します。

  • 比較的出力が高く、一定の抑毛効果を得られるかどうか
  • 出力を切り替えられるかどうか
  • 簡単に使いやすい形状をしているか

脱毛器を選ぶ際は、最大出力を確認しましょう。

出力が高いほど、高い抑毛効果を得ることが可能です。

また、痛みなどは人によって異なる為、出力が切り替えられるとなお便利。

長期的に使うものなので、自分の使いやすい形状の脱毛器を購入することも一つのポイントです!

ランニングコストが安い脱毛機を選ぶ

脱毛器を購入する上で、気になるのが長期的に使用してコスパが良いのかという点ですよね。

脱毛器には二つのタイプがあります。

  • カートリッジ式
  • 本体交換式

カードリッジ式の脱毛器は、カートリッジ部分が消耗品で、時期がくれば買い換える必要があります。

本体自体を買い換える必要はないため、カートリッジのみの購入となります。

それに対し、本体交換式の脱毛器は、寿命がくれば新しく本体を買い換えなければならないのが特徴です。

本体交換式の場合使用するごとに光の出力が弱くなるため、長期的に使用するなら、コスパ良く高い出力を保てるカートリッジ式がおすすめ。

また、トータルで何ショット打てるのかチェックし、できるだけ回数が多い脱毛器を選びましょう。

脱毛器の人気おすすめランキング10選

これまで紹介しました「家庭用脱毛器を選ぶ時に大切なポイント」を元に、人気のおすすめ脱毛器を紹介します。

脱毛器 脱毛ラボホームエディション
脱毛ラボ
ホームエディション
レイボーテRフラッシュダブル
レイボーテR
フラッシュダブルプラス
ケノン
ケノン
オーパスオーパスビューティー トリア
パーソナルレーザー
脱毛器4x
パナソニック
パナソニック
ブラウンブラウン エピレタ
エピレタ
ヒカリエピプロ
ヒカリエピプロ
2PS CRYSTAL
2PS CRYSTAL
価格 71,478円 69,300円 69.800円 63,800円 48,000円 36,845円(オープン価格) 74,800円(オープン価格) 21,780円 37,800円 59,800円
脱毛方法 フラッシュ フラッシュ フラッシュ フラッシュ レーザー フラッシュ フラッシュ フラッシュ フラッシュ フラッシュ
照射面積 4.8㎠ 9.24㎠ 9.25㎠
(エクストララージ)
1㎠ 8.3㎠ 2㎠‐4㎠ 2.7㎠ 7㎠ 7㎠
照射回数
(最大)
30万回 60万回 300万回
(スーパープレミアム)
35万回 500充放電 約30万回 40万回 15万回 1,500回 100万発
カートリッジ なし なし あり なし なし なし なし なし あり あり
最大出力 12ジュール 22ジュール
段階調節 5段階 5段階 10段階 5段階 5段階 5段階 10段階 5段階 3段階 8段階
保証 1年 1年 1年
(延長可)
1年 2年 1年 1年 1年 1年 1年
脱毛可能範囲
(特殊範囲)
・VIO※
・目の周り以外
・男性可
・Vライン
・鼻より下
・男性可
・Vライン
・鼻より下
・男性可
・粘膜以外可能
・可能
・男性可
・Vライン
・鼻より下
・男性可
・Vライン
・照射可能
・男性可
・Vライン
・顔の頬骨から下
・男性可
・Vライン
・鼻より下
・男性可
・Vライン
・頬、額など
・VIO
・鼻より下
・男性可

脱毛器は値段だけで判断するのではなく、脱毛したい部位や目的に合わせて選びましょう。

それでは各脱毛器の特徴を順に詳しく紹介します。

脱毛ラボホームエディション/DL001(脱毛ラボ)

脱毛ラボホームエディション/DL001(脱毛ラボ)
脱毛方法 フラッシュ(光)脱毛
価格 71,478円
照射面積 4.8㎠
照射回数(ショット数) 30万回
カートリッジ交換 なし
段階調節 5段階
保証 1年間
VIO・顔脱毛 VIO:照射可能・顔:目の周り以外

人気脱毛エステが開発した脱毛器でVIOも照射可能

脱毛ラボホームエディションのポイント
  • 脱毛実績40万人の脱毛ラボが開発した脱毛器
  • VIOや顔(額・頬など)の脱毛が可能
  • 連射モードで全身脱毛が約15分

脱毛ラボホームエディションは、脱毛エステを運営している「脱毛ラボ」が開発した家庭用脱毛器です。

脱毛器の中でも約277gとコンパクトで、全身脱毛の照射でも手が疲れにくいです。

冷却クーリング機能がついており、保冷剤で冷却をする手間がいりません。

また個人差はありますが、全身脱毛が連射モードで約15分と短時間で完了できる点もポイントです。

照射可能範囲も広いので、スピーディーに全身脱毛をしたい方にはピッタリの脱毛器です。

\手軽に顔とVIOも脱毛できる!/

レイボーテRフラッシュダブル/STA-201N(ヤーマン)

レイボーテRフラッシュダブル/STA-201N(ヤーマン)
脱毛方法 フラッシュ
価格 69,300円
照射面積 9.24㎠
照射回数(ショット数) 60万回
カートリッジ交換 あり
段階調節 5段階
保証 1年間
VIO・顔脱毛 Vライン・Iライン/顔:照射可能

照射口が広々9.24㎠!ヘッドローラーで照射も楽々

レイボーテRフラッシュダブルのポイント
  • 照射口が大きく照射しやすい
  • ヘッドローラーでスピーディーに照射
  • スポッドヘッドで細かい部位も脱毛可

レイボーテRフラッシュダブルはスライド照射できるヘッドローラーと幅広い照射口のおかげで、両ワキなら約6秒の速さで脱毛が可能です。

日本人の肌に合わせて開発された脱毛器で、ローラーモード使用時はアプリと連動させると速度判定やヘッド交換のタイミングをお知らせしてくれます。

鼻下やビキニラインといった小さな範囲も照射できる、スポッドヘッドも付属しているので、ムダ毛を効率的に脱毛できます。

最速モデルのレイボーテRフラッシュダブルは、短時間で脱毛を終わらせたい人にオススメですよ。

\照射口が約9.24㎠でスムーズに脱毛/

ケノン(エムロック)

ケノン(エムロック)
脱毛方法 フラッシュ(光)脱毛
価格 69,800円
照射面積 9.25㎠
(エクストララージ)
照射回数(ショット数) 300万回
(スーパープレミアム)
カートリッジ交換 あり
段階調節 10段階
保証 1年間(延長可)
VIO・顔脱毛 VIO:粘膜以外可能/顔:鼻から下のみ可能
ケノン脱毛器

最大300万発!種類豊富なカートリッジで美顔器にもなる

ケノンのポイント
  • 最大300万回照射可能
  • 部位や目的に合わせてカートリッジ交換可能
  • 日本製で男女兼用として使える

ケノンは今クチコミでもナンバーワンと言われているほど人気の脱毛器ですが、実は女性だけでなく男性にも人気です。

カートリッジは照射範囲の広いエクストララージ、美顔機能のついた美顔スキンケア、濃い毛に効果的なストロングなど、全部で6種類のラインナップがあります。

販売実績数は90万台以上で、口コミが多く支持されている点も安心できるポイントです。

脱毛したい部位や目的に合わせて使い分けたり、家族でシェアもできるので、コスパ良く使えることも魅力です。

\最大300万回でコスパがいい!/

オーパスビューティー03/KK010(OPUS BEAUTY)

オーパスビューティー03/KK010(OPUS BEAUTY)
脱毛方法 フラッシュ(光)脱毛
価格 63,800円
照射面積
照射回数(ショット数) 35万回
カートリッジ交換 なし
出力切り替え 5段階
保証 1年間
VIO・顔脱毛 VIO:粘膜以外可能/顔:可能

単発オート0.8秒のハイスピード照射!独自のTHR方式脱毛器

オーパスビューティー03のポイント
  • 単発オート0.8秒でスピーディーに照射
  • フラッシュ式の中でも出力の強い14.2ジュール
  • 肌に優しいTHR方式で産毛やヒゲに対応

オーパスビューティー03はフラッシュ式の中でもTHR方式を使っています。
従来の脱毛方法と違い、柔らかい光を重ねることで、肌に優しく脱毛できることが特徴です。
出力も14.2ジュールとパワーが強いので、産毛からヒゲのような濃い毛まで脱毛できます。
アイスクール機能があるので痛みが少なく、冷やしながら照射する必要がない点もポイントです。
フラッシュ式できちんと脱毛効果を感じたい人にピッタリの脱毛器です。

\最短4週間でムダ毛の変化を実感/

パーソナルレーザー脱毛器4x(トリア・ビューティー・ジャパン)

パーソナルレーザー脱毛器4x(トリア・ビューティー・ジャパン)
脱毛方法 レーザー脱毛
価格 48,000円
照射面積 1㎠
照射回数(ショット数) 目安として500回の充電が可能
カートリッジ交換 なし
段階調節 5段階
保証 2年間
VIO・顔脱毛 VIO:Vラインのみ可能/顔:鼻から下のみ可能

唯一の家庭用レーザー脱毛で22ジュールのパワー

パーソナルレーザー脱毛器4xのポイント
  • クリニックで用いるダイオードレーザーを搭載した脱毛器
  • 22ジュールのパワーでフラッシュ式より早く効果を実感できる
  • 満足できなかった場合は30日間であれば全額返金

トリアは家庭用脱毛器で唯一レーザーでの脱毛ができる脱毛器です。

通常フラッシュ脱毛器では10ジュール前後の出力しかありませんが、トリアはクリニックでも使われているダイオードレーザーを搭載しているため、最大22ジュールの照射パワーがあります。

個人差はありますが、2週間に1度のペースで照射して、約3ヶ月でムダ毛の量が減ってくるのを感じられるでしょう。

脱毛スピードや、より効果を重要視したい方にはおすすめの脱毛器です。

\レーザーで効果が早く感じられる/

パナソニック「光エステ」ES-WP87-N

パナソニック
引用画像:公式サイト

 

脱毛方法 フラッシュ(光)脱毛
価格 36,845円(オープン価格)
照射面積 8.3㎠
照射回数(ショット数) 約600回
カートリッジ交換 交換不要(ランプ寿命 約30万回)
段階調節 5段階
保証 1年間
VIO・顔脱毛 VIO:Vラインのみ可能/顔:照射可能

スピーディーにムダ毛をしっかり処理できる

パナソニック「光エステ」ES-WP87-Nのポイント
  • ダブルランプ連続発光でムダ毛をしっかりとケア
  • 照射面積が広く広範囲の脱毛が可能
  • アタッチメント付け替え可能で全身スベスベ肌に

パナソニック「光エステ」は美肌・ムダ毛両方にアプローチできるIPLフラッシュを採用しています。

一回の照射で2本のランプが連続照射されるため、ムダ毛をしっかりとケアすることができます。

また、照射面積が広く一回で広範囲の脱毛ができるのが人気な理由。スピーディーに全身をケアすることが可能です。

「ボディ・Vライン用・フェイス用・Iライン用」のそれぞれの部位に合わせて付け替え可能な専用アタッチメントが3つ付属されているので、安全かつより効果的な脱毛を実現しています!

\ムダ毛をしっかりケア/

ブラウン「シルクエキスパート」PL-5223

ブラウン
引用画像:公式サイト

脱毛方法 フラッシュ(光)脱毛
価格 74,800円(オープン価格)
照射面積 2㎠‐4㎠(ヘッドにより異なる)
照射回数(ショット数) 40万回
カートリッジ交換 なし
段階調節 10段階
保証 1年間
VIO・顔脱毛 VIO:Vラインのみ可能/顔:顔の頬骨から下

連続照射で効率的な脱毛を実現

ブラウン「シルクエキスパート」PL-5223のポイント
  • 最高峰のパワー、最大6J/cm²を実現
  • 連続モードと単発モードの切り替えが可能
  • 肌の色に合わせて10段階の照射レベルを自動調節

ブラウン「シルクエキスパート」PL-5223は最大6J/㎠と出力がかなり高く、効果が高いのが特徴です。

ショット数は40万回と、全身のお手入れなら22年分の照射回数分に当たります。

また、肌の色を自動で読み込み10段階の照射レベルに調節できるため、安全で効率的な脱毛が可能です。

ヘッドも付け替えが可能なため部位によって使い分けやすいのも嬉しいポイント。

連続モードと単発モードに切り替えも可能なので、連続モードにすれば素早くお手入れができますよ。

\最高峰のパワーで効果的な脱毛/

エピレタ/EP-0115(アイリスオーヤマ)

エピレタ/EP-0115(アイリスオーヤマ)
脱毛方法 フラッシュ(光)脱毛
価格 21,780円
照射面積 2,7㎠
照射回数(ショット数) 15万回
カートリッジ交換 なし
出力調整 5段階
保証 1年間
VIO・顔脱毛 VIO:Vラインのみ可能/顔:鼻より下の部位

21,780円の安さで脱毛器が買える

エピレタのポイント
  • 21,780円とお得な価格でセルフ脱毛が可能
  • 約220gとコンパクトで軽く使いやすい
  • 特許技術の光技術HRL搭載で肌に優しく脱毛

エピレタの特許技術「光技術HPL(ホームパルスライト)」は、光と超音波の作用で肌にも優しく脱毛できます。

21,780円と安い料金ではありますが、照射できる回数は15万回(レベル1で照射した場合)と、約5人分の全身脱毛ができる回数です。

両ワキならたったの20秒、ビキニラインもたったの5分で脱毛が完了します。

重さが220gと軽量のため、全身の照射も大きな負担なくできます。

男女兼用で使用でき、コスパも申し分ない脱毛器なので、初めての家庭用脱毛器としてもピッタリです。

\21,780円で全身脱毛ができる/

ヒカリエピプロ/HS-11512(ジャパンギャルズ)

ヒカリエピプロ/HS-11512(ジャパンギャルズ)
脱毛方法 フラッシュ(光)脱毛
価格 37,800円
照射面積 7㎠
照射回数(ショット数) 1,500発
カートリッジ交換 あり
出力調整 3段階
保証 1年間
VIO・顔脱毛 VIO:Vラインのみ可能/顔:鼻より下の部位

保湿・美白化粧品とセットでお得に脱毛できる

ヒカリエピプロのポイント
  • お肌ケア用の化粧品がついてくる
  • 美容機器メーカーが開発した日本製脱毛器
  • 日本製で安全性が高い

ヒカリエピは脱毛器本体の他にも保湿ジェルや引き締めローション、美白エッセンスもついてくるので、脱毛だけでなく美肌ケアができます

照射面積も7㎠と大きいので照射がしやすい点も特徴です。

脱毛効果を高めるためにも保湿ケアは非常に重要なので、肌が弱いけれど脱毛をしたい人にはヒカリエピがおすすめです。

\美白をしながら脱毛ができる/

2PS CRYSTAL/PL-3000(ツーピーエス)

2PS CRYSTAL/PL-3000(ツーピーエス)
脱毛方法 フラッシュ(光)脱毛
価格 59,800円
照射面積 7㎠
照射回数(ショット数) 100万発
カートリッジ交換 あり
出力切り替え 8段階
保証 1年間
VIO・顔脱毛 VIO:粘膜以外照射可能/顔:照射可能

VIOも照射可能で美顔カートリッジへ交換可能

2PS CRYSTALのポイント
  • VIOも照射可能
  • 300万発の照射耐久テスト済みで安心
  • 1台で美顔器、脱毛器の両方使える

ツーピーエス2PSがあればエステに行く必要なく、エステで行われているIPL脱毛ができます。

300万発の照射耐久テスト済みで、照射範囲外となることが多いVIOも脱毛可能です。

男女兼用で、カートリッジを交換すれば美顔器にもなります

照射範囲も広く、しっかり脱毛したい人には一押しの一台です。

\1台で全身つるつる肌/

家庭用脱毛器の気になる正しい使い方を解説

家庭用脱毛器はお店で脱毛するのとは違い、セルフで行わなければいけません。

安全に使用するためにも、購入前にチェックしておきたいポイント、事前に知っておくと安心な情報を紹介します。

脱毛器の購入を考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

家庭用脱毛器で脱毛できない部位はあるのか

家庭用脱毛器で脱毛できない部位はあるのか
脱毛器を選ぶ上で「照射範囲をチェックする」ことがポイントだと先ほど解説しました。

VIOやヒゲ、顔の一部が照射範囲外になっている場合がありますが、その理由は部位によってさまざまです。

  • VIO⇒デリケートな部位で粘膜がある
  • ヒゲ⇒痛みを感じたり火傷の可能性がある
  • ⇒目に照射してしまう恐れがある

家庭用脱毛器の多くはフラッシュ式で、濃い毛に反応するIPL式のものがほとんどです。

そのためVIOやヒゲなどは照射範囲外になっている脱毛器も存在します。

VIOはデリケートな部位で色素沈着を起こしていることもあるので、刺激に弱く火傷してしまう可能性があるためです

顔も目に照射してしまうと危険なため、目の周りや鼻より上の部位が照射不可とされています。

セルフで脱毛をする場合は説明書をきちんとチェックし、無理に脱毛器をしないようにしましょう。

シミやホクロ等の色が濃い部分の対処法

シミやホクロ等の色が濃い部分の対処法
脱毛器の照射の光は色素の濃い部分に反応するため、熱で火傷する危険が高まります。

そのため基本的にシミやほくろ、炎症の起きているニキビといった部位も照射ができません

色の濃い箇所は、脱毛を避けるか、白いシールを貼って照射を避けるようにしましょう。

またタトゥーがある場合も照射ができないので、色素に反応せず脱毛ができるエステやクリニックでの脱毛をオススメします。

日焼けをした肌へは照射できるのか

日焼けをした肌へは照射できるのか
日焼けをした肌も上記と同じ理由で、色素に反応してしまうため火傷する危険性があります。

また炎症を起こしている肌は刺激に弱いため、クリニックやエステでも照射ができません

日焼けをした直後や日焼けをして肌が焼けてしまった肌へは、脱毛器を使用しないようにしましょう。

どの程度の日焼けなら大丈夫なのか不安に感じた人は、出力を最小にしてからテスト照射をしてください。

脱毛をする上で大切な注意点とポイント

脱毛をする上で大切な注意点とポイント
最後に「安全に脱毛をするために大切な注意点」「より脱毛効果を感じるために重要なポイント」を解説します。

脱毛で大切な注意点とポイント
  • 日ごろから日焼けや肌荒れに注意する
  • 説明書の内容をきちんと守る
  • きちんと保湿する

まず一つ目は日ごろから日焼けや肌荒れに注意することです。

日焼けや肌荒れをしてしまうと、脱毛ができずなかなかムダ毛処理が楽になりません。

説明書にもきちんと注意事項が記載されているので、使用前にチェックしておきましょう。

そして脱毛効果をしっかり感じるためには、保湿をすることが非常に重要です。

肌は潤いがないとバリア機能が落ちてしまい、炎症や痛みを感じやすくなってしまいます。

レーザーや光も肌の奥まで浸透しないため、効果を感じにくくなってしまうので、日ごろから保湿をしましょう。

以上のポイントをしっかり押さえながら、家庭用脱毛器でつるつる肌を目指してみてくださいね。

ABOUT ME
駅近ドットコム通信編集部
駅近ドットコム通信編集部
駅近ドットコム通信の編集メンバーが日本各地の駅近情報をお届け。全国の駅近事情を熟知する"駅通"なメンバーがグルメや美容から観光情報まで、駅を中心とした生活情報をご紹介しています!
関連記事