ビューティー

人気家庭用脱毛器を徹底比較!脱毛効果に違いはあるのか?

脱毛器比較のアイキャッチ

家庭用脱毛器は今ではさまざまな種類のものが登場するようになりました。

脱毛サロンやクリニックとではどんな違いがあるのか。

また脱毛器によってもどんな違いがあるのか照射面積・脱毛効果・照射回数・価格なども含め徹底比較してみました。

たくさんある脱毛器の中でどれを選べばよいのか、さまざまな点から自分に合う脱毛器を選ぶ参考にしてください。

家庭用脱毛器とサロン(クリニック含む)での脱毛の違い

脱毛方法は同じだが、出力レベルが違う

脱毛器一覧画像

フラッシュ(光)脱毛とは、エステ・サロンの多くで採用させている脱毛方法です。

サロンで多く採用されている脱毛は「IPL脱毛」「S.S.C脱毛」を用いり、ムダ毛の毛根に含まれる黒いメラニン色素に働きかけ、毛根を破壊し根元から処理していく仕組みです。

また、お肌に与えるダメージを最小限に抑えられており、広範囲にわたる脱毛が可能なので少ない照射回数で効果を得る事できるのが特徴です。

家庭用脱毛器でも、ほとんどの商品がサロンと同じインテンス・パルス・ライト(IPL脱毛)を用いったフラッシュ脱毛になります。

しかし、ここでエステ・サロンと大きく違うのが出力レベルです。

家庭用脱毛器はもともとの光の照射レベルが少なく、家庭でも安全に使用できるように作られていますのでエステ・サロンと比べると、照射回数も時間も多くなります。

レーザー脱毛の仕組みもエステ・サロン脱毛とは同じなのですが、クリニックでは使用している脱毛器が違います。

医療機関でのみ使用が認められているレーザー脱毛器を使用しています。そのうちよく耳にするのは、アレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーなどがあると思います。

家庭用脱毛器で唯一のトリアもクリニックで用いるダイオードレーザー技術を開発したレーザーの専門家によって開発された製品です。

フラッシュ式の家庭用脱毛器と同じで、出力は実際にクリニックで使用されているものより弱くなります。

1回の施術時間と脱毛完了までにかかる期間

1回で全身脱毛の施術を行った場合の施術時間と、脱毛完了までにかかる期間を見ていきましょう。

脱毛の種類 1回の施術時間 脱毛完了までにかかる期間
フラッシュ式家庭用脱毛器 120分~210分 2年~4年
レーザー式家庭用脱毛器 240分~300分 1年から1年6ヶ月ほど
エステ・サロンでフラッシュ脱毛 60分~90分 1~3年
クリニックでレーザー脱毛 120分~240分 1年から1年6ヶ月ほど

1回で全身脱毛を行った場合の施術時間は圧倒的にエステ・サロンが早いです。

それに比べ、レーザー式家庭用脱毛器の場合は考えただけでもしんどくなるほどの時間が家庭用脱毛器は1回の照射面積が小さい上、自分で施術をしていかんければならないので1回で全身を脱毛しようと思うと施術時間がどうしてもかかってしまします。

コツとしては、パーツごとに分けながら使用していくと負担が少なくすみます。

脱毛完了までにかかる時間に関してはやはり、フラッシュよりレーザー脱毛が早いですね。

痛みのレベル

脱毛の種類 痛みのレベル
フラッシュ式家庭用脱毛器 ★☆☆☆☆
レーザー式家庭用脱毛器 ★★★☆☆
エステ・サロンでフラッシュ脱毛 ★★☆☆☆
クリニックでレーザー脱毛 ★★★★★

痛みに関してはフラッシュ式家庭用脱毛器が一番痛み少なくクリニックでのレーザー脱毛が最も強い痛みを伴います。

照射漏れや肌トラブル

サロンやクリニックの場合

エステ・サロンでは、脱毛を行うにあたって研修でしっかり学んでこられた脱毛のスペシャリスト、またはクリニックでは看護師の方が施術を行ってくれます。

ですので、全身360°隅々まで綺麗に脱毛ができます。

火傷や肌トラブルが起きた際の対応としては、

エステ・サロンの場合 

クリニックと提携している場合も多く、症状によってすぐに対応してくれます。

クリニックの場合

その場で対応、処置を行ってくれます。それにかかる治療費や薬代も無料のケースが多い。

家庭用脱毛器の場合

家庭用脱毛器はすべてセルフで行わなければならないので、手の届きにくい部位や照射の難しい場所によっては照射がまばらになってしまいます。

それに、万が一自宅でトラブルが起こった場合も自己責任になります。

もちろんその際にかかる、診察・治療費なども自己負担になります。

価格が大きく違う

全身脱毛を行った場合の家庭用脱毛器とサロン・クリニックでの料金比較

脱毛の種類 回数 料金
フラッシュ式家庭用脱毛器 カートリッジ限界まで 30,000円~
レーザー式家庭用脱毛器 内臓電池の寿命まで 54,800円
エステ・サロンでフラッシュ脱毛 12回 200,000万円ほど
クリニックでレーザー脱毛 5回 250,000万円ほど

※料金や回数は相場の平均で提示してます

全身脱毛を行う際にかかってくる費用を比較してみたのですが、家庭用脱毛器の場合何回使用できるかは、脱毛器や照射レベルによっても変わってくるのですが、だいたい1台で4,5人の全身脱毛が完了できるといわれています。

ですので、単純に回数料金で比較するとエステ・サロンやクリニックで脱毛を行うよりは安いです。

家庭用脱毛器がおすすめな人

エステ・サロンやクリニックで脱毛に通う場合も、自宅で家庭用脱毛器でセルフ脱毛行う場合もそれぞれメリットデメリットがあることが上記でおわかりいただけたでしょうか。

ここで家庭用脱毛器がおすすめな人をまとめると

  • 自宅で回数制限なしに自分のペースで脱毛したい
  • VIOなど恥ずかしい部位は人に見られたくない
  • 時間はかかってもとにかく低価格で全身脱毛したい
  • 日にちや時間を指定されるのではなく、好きな時間に好きな場所で脱毛したい
  • 取り扱いをしっかり守り安全に脱毛を行える自信がある
  • 肌トラブルなど起きた時の自己責任の覚悟ができている

方に家庭用脱毛器はおすすめです♡

実際に人気の家庭用脱毛器で徹底比較

人気の家庭用脱毛器7選の特徴を紹介

ケノン

ケノン脱毛器のカラーラインナップケノンは楽天市場の脱毛器デイリーランキングでずーーっと1位を獲得している誰もが認める人気の脱毛器です。女性のみならず男性家電ランキングでも1位(楽天市場)です。

ケノン脱毛器のカートリッジ一覧

ケノンの大きな特徴としては、

カートリッジが豊富

  • 新登場のプレミアムカートリッジが照射回数100万発
  • 広範囲の脱毛に便利なケノンのカートリッジの中でも最大の照射口を持ったエクストララージカートリッジ
  • 標準から狭い部分の脱毛おうとつがある部分に便利なラージカートリッジ
  • 男性のヒゲやデリケート部位など範囲が狭く、毛量が多い場所に向いているパワフルなストロングカートリッジ
  • 加齢や乾燥、ムダ毛の自己処理などによる肌の衰えが気になる方向けの美顔器用カートリッジ

とこれだけのカートリッジが用意されているのはケノンだけです。安心の日本製といこも人気の高い理由の一つです。

エピルーチェ

エピルーチェ1
エピルーチェ2

エピルーチェはコンパクトで軽く、持ちやすい女性にぴったりの脱毛器です。

特徴としては通常49,800円なのですがキャンペーンなどで29,800円で購入することができる場合もあります。ショット数も15万発と多く、コスパも良いので学生さんからも人気が高いようです。

エピレタエピレタ1

光と超音波を組み合わせたアイリスオオヤマの独自技術で開発され特許技術の「ホームパルスライト(HPL)」を搭載している脱毛器です。

お肌に優しく脱毛ができるように、肌にエピレタを密着させないと照射ができないタッチセンダーと照射することでダメージを受けやすい日焼け後の肌などには反応しないように肌色センサーという2つの機能がついています。

なんといってもエピレタの魅力は、値段!!このスペックで24,800円。安いだけではなく、多くの方に効果も感じられているので、高いお金を払って家庭用脱毛器を購入するのはちょっと…という方やエステやクリニックに通うのに抵抗のある方にはおすすめの家庭用脱毛器ではないでしょうか。

レイボーテグランデ

レイボーテグランデ

@cosmeの口コミランキングで脱毛・除毛部門で1位を獲得した脱毛器です。

なんといっても照射面積が脱毛器の中でも最大の12㎠!!

男性の頑固な髭にも対応しています。お値段が10万円以上と少し高いのですが、複数人での使用が可能なことも考えるとコスパもいいと言えるでしょう。国産品という面でも安心して使っていただける脱毛器になっているのではないでしょうか。

レイボーテグランデのカートリッジ一覧

ケノン同様カートリッジ(ランプ)の種類も、広い面積の箇所を一気にケアしたいときにはラージランプ、細かい箇所をゆっくりケアしたい時にはスモールランプ、課の産毛やスキンケア用のランプと豊富にそろっています。

ヒカリエピ

ヒカリエピ

業務用美容機器メーカーが開発した脱毛器です。

特徴としては、カートリッジの交換なしに出力の切り替えを脱毛&美顔モードに変えるだけで美顔器として活用できます。脱毛をしながらついでに美顔もしたいというときに、ボタンを変更するだけで完了するのは手軽で嬉しいポイントの一つですよね。

脱毛器購入と同時に潤いや美白ケアなどができる3種類のスキンケアコスメがセットでついてくる点もお得です。

ツーピーエス

ツーピーエス 2PS

多くの家庭用脱毛器はVラインの脱毛はできてもIラインOラインへの使用を推進していません。しかしツーピーエスはVIOも含め全身脱毛ができるということで人気があります。

全身脱毛を行うのに十分な照射数があり、価格もリーズナブルです。

デリケートゾーンなど人に見られたくなくて脱毛サロンやクリニックに行けない方からとくに人気があるようです。

トリア

トリア

トリアの特徴はなんといっても家庭用脱毛器の中で唯一のレーザー脱毛器となっています。

やはり脱毛効果を早く実感できるのはレーザー脱毛器です。操作が難しそうと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、トリアは本体についているボタンを押すだけで脱毛がスタートできるのでとても簡単です。レーザーだから痛みに不安を抱えておられる方でも安心してください、レベルは5段階から選択できるようになっているので自由に調整できます。

クリニックと同じ、安全かつ効果的で持続するスベスベ肌を自宅で実現できるという面を考えるとコスパがかなり良いですね。

ただし、照射範囲が狭いので全身脱毛や広い部分の照射を必要とされている方にはもしかしたら少し不向きかもしれませんんね。

家庭用脱毛器を購入する際の比較ポイント

6つの比較ポイント
  • 脱毛種類

フラッシュ脱毛orレーザー脱毛

脱毛の種類によって、痛みや脱毛効果が違ってくる

  • 照射面積

広いor狭い

広いと照射時間が短くてすむ

  • ショット回数

少ないor多い

ショット回数が少ないと追加でカートリッジを購入しないといけないケースもある

  • カートリッジ交換

あるorない

カートリッジ交換がな場合、本体ごとまた購入しなければならない

  • 価格

安いor高い

  • メーカー保証

あるorない

故障などもしもの場合保証があると無料で交換も可能

上記大きく6つのポイントで比較していきたいと思います。

1ショット当たりの価格比較や脱毛効果満足度も比較していますのでぜひ参考にしてください。

実際に人気の家庭用脱毛器で徹底比較

家庭用脱毛器一覧画像

それでは実際に数ある家庭用脱毛器の中でどの脱毛器を購入しようか迷われると思います。ここでは脱毛器を購入される際の比較ポイントをまとめ実際に人気の脱毛器で比較してみましたのでぜひ参考にしてみてください!

商品名 脱毛方法 照射面積 ショット回数
ケノン フラッシュ 9,25㎠ 1,000,000発
エピルーチェ フラッシュ 3,1㎠ 150,000発
エピレタ フラッシュ 2,7㎠ 150,000発
レイボーテグランデ フラッシュ 12㎠ 600,000発
ヒカリエピ フラッシュ 7㎠ 1,500発
ツーピーエス2PS フラッシュ 6,51㎠ 132,000発
トリア レーザー 1㎠ 500回の充電
商品名 カートリッジ交換 価格 メーカー保証
ケノン 69,990円 1年間
エピルーチェ × 29,800円 不明
エピレタ × 24,800円 1年間
レイボーテグランデ 119,800円 1年間
ヒカリエピ 37,800円 1年間
ツーピーエス2PS 40,000円 1年間
トリア × 54,800円 2年間

※価格はどの商品もキャンペーンなどで変動する場合あり

1ショットの単価比較
商品名 1ショットの単価
ケノン 0,07円
エピルーチェ 0,19円
エピレタ 0,16円
レイボーテグランデ 0,19円
ヒカリエピ 25,2円
ツーピーエス2PS 0,3円
トリア 0,14円
口コミから調べた脱毛効果満足度

実際の体験も含め、様々な口コミを調べて私なりに各脱毛効果に対しての満足度を★の数で表しています。

効果実感には個人差があるので★が少ないものが必ずしも脱毛効果がないとは言い切れないですのであくまでも参考にしてください。

商品名 脱毛効果満足度
ケノン ★★★★★
エピルーチェ ★★☆☆☆
エピレタ ★★★☆☆
レイボーテグランデ ★★★★★
ヒカリエピ ★★★☆☆
ツーピーエス2PS ★★★★☆
トリア ★★★★★
上記比較表からわかったこと
  • 初期費用にかかるコストが一番安いのは、エピレタだがカートリッジ交換がない
  • 1発の単価が安いのはダントツでケノン
  • 2年間の保証があり、30日間の返金保証までついているのはトリアだけ
  • ヒカリエピは本体価格だけみると安い方だが、どの家庭用脱毛器より照射可能回数が少なく1ショットの単価が高い
  • 脱毛効果満足度が高いのはケノンレイボーテグランデトリア

比較まとめ

上記からわかるようにほとんどの家庭用脱毛器がフラッシュ式のものになります。

唯一のレーザー脱毛器「トリア」は脱毛効果は抜群にあり、どの脱毛器より早く脱毛完了することは間違いないでしょう!ただ、照射面積があまりにも小さいために全身をまんべんなく照射するには結構な時間と労力が必要になってきます。

ですので、部分脱毛希望の方や、サロンなどで一旦脱毛越すが終わっているけどまだ気になるムダ毛があるような方にはぜひおすすめです。

一人ではなく、家族や友人と共有して使用されたい方はハイスペックな機能と、多様なカートリッジの種類、照射回数が圧倒的に多いケノンがおすすめです。

何より、自分で照射するのが面倒くさくならず、1回の照射時間を短縮されたい方には照射面積が一番広いレイボーテグランデがおすすめです。

最後に

以上、人気の7つの家庭用脱毛個のスペックを比較してきました。脱毛器によって照射面積も違えば、脱毛にかかる時間もさまざまです。また、価格も幅が広くなっています。

そこで、脱毛器選びを失敗しないように自分がどんな点を重視して使いたいのかということをはっきりさせておきましょう。

持ち運びできるようなコンパクトで軽いものが良い、価格ができるだけ安いものが良い、美顔機能や冷却機能がついている方が良いといったように、人それぞれ脱毛器に求めるものは違います。

自分に合った脱毛器で快適な脱毛ライフを送れるように慎重に選んでいきましょう♡

ABOUT ME
駅近ドットコム通信編集部
駅近ドットコム通信編集部
駅近ドットコム通信の編集メンバーが日本各地の駅近情報をお届け。全国の駅近事情を熟知する"駅通"なメンバーがグルメや美容から観光情報まで、駅を中心とした生活情報をご紹介しています!